-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-10 23:00

どれくらいの愛情

[署名] どれくらいの愛情
[著者] 白石一文
どれくらいの愛情 (文春文庫)どれくらいの愛情 (文春文庫)
(2009/08/04)
白石 一文

商品詳細を見る


443ページもある長編作品です。
4編から構成された短編集の中で一番良かったのは、
何と言っても表題作の「どれくらいの愛情」でした。

「目に見えないものの確かさ」を感じれる作品。
人間の感情の中でももっとも不確かな「恋心」や「愛情」という感情こそが
わたしたちを突き動かすことができる確かなもの。

電車の中では重さがある本で大変でしたが
満員電車でも続きが読みたくて仕方がないと思えた本でした
スポンサーサイト

コメント

2010-02-16 17:13

それほどすごい本でしたか

読んでみたいです

目に見えないものこそ

価値があるのかも
  • URL
  • ぎんざぶろう #-
  • Edit

2010-02-16 17:39

読み応えがありました´∀`*)ノ

愛情も目に見えないもの!
でもだからこそそれを感じた時に
とっても価値があるんだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

きんた。

Author:きんた。
結婚して2年目になります。
やさしいだんま様に支えられ、
(●´∀`●)ノ【oありがとうo】
感謝の毎日です!

仕事に、遊びに、趣味に、
ごはん(食)に、料理に、
ダイエット・・・!
楽しい奮闘は続きます。。

べんぴねこボタン2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。